メニューここからメニューを飛ばす

手続き種類

現在位置はトップページの手続き種類のこれから受給される方へ

メニューここまで本文ここから

これから受給される方へ

年金・一時金を受けるためには、請求手続が必要です

基金から受けられる年金や一時金は、加入員期間や年齢などの受給資格を満たしていても、自分から請求手続をしないかぎり受けはじめることができません。年金が受けられる時期(生年月日に応じて60から65歳)がきたら、当基金から「退職年金裁定請求書」をお送りしますのでお手続きください。
また、基金から一時金を受けとる人についても、請求手続が必要です。
なお、退職後に住所を変更されている方には、書類が届かない場合がありますのでご連絡ください。

年金請求

  必要書類 いつ
退職年金の
裁定請求
(基本年金)
退職年金裁定請求書
加入員証
戸籍抄本または住民票
国の老齢厚生年金証書(コピー)
個人番号届
個人番号確認書類
個人番号身元確認書類
加入員期間10年以上:
・生年月日に応じて60から65歳
退職年金の
裁定請求
(加算年金)
退職年金裁定請求書
加入員証
戸籍抄本または住民票
個人番号届
個人番号確認書類
個人番号身元確認書類
加入員期間10年以上:
@退職者が60歳に達した時
A60歳到達後に退職した時
B加入中で65歳に達した時

(注)加算年金は、支給開始年齢(生年月日に応じて60から65歳)に到達する前に上記@、Aに該当したときに手続きしてください。

一時金請求

  必要書類 いつ
選択一時金の請求 選択一時金裁定請求書
退職所得の受給に関する申告書
加入員証または年金証書(年金を受けている方)
退職所得の源泉徴収票
戸籍抄本または住民票
選択一時金確認書
個人番号確認書類
個人番号身元確認書類
退職後および加算年金を受けはじめて10年以内
退職一時金の請求 退職一時金裁定請求書
退職所得の受給に関する申告書
加入員証
退職所得の源泉徴収票
個人番号確認書類
個人番号身元確認書類
退職後
遺族一時金の請求 遺族一時金裁定請求書
加入員証および年金証書(年金を受けている方)
戸籍謄本
死亡を証明する書類

注記:その他親族が請求する場合、死亡した者と死亡当時生計を同じくしていたことを証明する書類

加入員または受給資格をもつ加入員であった者および年金受給者(受給開始から10年以内)が亡くなったとき

年金の支払いは、年6回・偶数月に支払われます

裁定請求書を提出してから、お手元に年金証書が届くまで通常2から3ヶ月程度かかります。裁定により年金額が確定した後、最初にこれまで受けとるはずだった分の年金がまとめて支払われます。
受給開始後は、基金・国ともに原則として年6回に分けて、受ける人が指定した金融機関に支払われます。ただし、基金については年金額が270,000円未満(年額)の場合は、 その額に応じて年1から3回となります。

年金の支払回数と時期

区分 年金額
27万円以上 15万円以上27万円未満 6万円以上15万円未満 6万円未満
基金の支払い 2月・4月・6月・8月・10月・12月 4月・8月・12月 6月・12月 8月
国の支払い 2月・4月・6月・8月・10月・12月 

退職の際には、配偶者の種別変更の手続も忘れずに行ってください

従業員(加入員)が会社を退職するときには、配偶者の加入する年金制度についても注意する必要があります。 配偶者が国民年金の「第3号被保険者」(専業主婦など、サラリーマンの 配偶者で国民年金加入者)である場合は、「第1号被保険者」に種別を変更する必要があります。該当される方は、年金手帳を持参し、市区町村役場まで届け出をしてください。

配偶者の種別変更

  必要書類 いつ 窓口
国民年金の種別変更 被保険者種別変更届
年金手帳
退職日の翌日から
14日以内
居住地の市区町村役場

本文ここまで本文の先頭へ メニューへ