メニューここからメニューを飛ばす

東京薬業厚生年金基金のご案内

現在位置はトップページの東京薬業厚生年金基金のご案内の運営組織

メニューここまで本文ここから

運営組織

基金は、事業主と加入員の代表によって民主的に運営されています

基金では、事業主と加入員のそれぞれの代表によって組織される代議員会(定数54名)と、理事会(26名)が設けられ、適正かつ民主的に運営されています。 このほか、基金運営を監査する監事、業務を行う事務局など、多くの人々によって運営されています。

代議員会(議決機関)

基金の規約、事業計画、予算・決算などの議決機関。事業主の代表「選定代議員」と加入員の代表「互選代議員」から構成されます。

理事会(執行機関)

事業運営の具体的方針を立てる執行機関。理事長は基金の代表として基金運営を統括します。また、事務局は業務全般を遂行します。

画像:運営体制

本文ここまで本文の先頭へ メニューへ