メニューここからメニューを飛ばす

厚生年金基金とは

現在位置はトップページの厚生年金基金とは

メニューここまで本文ここから

厚生年金基金とは

厚生年金基金とは、厚生年金の老齢給付の一部を国に代わって支給する年金制度で、昭和41年に導入されました。
厚生年金基金は、厚生年金の老齢給付の報酬比例部分の年金額のうち、厚生年金基金の加入期間分の再評価部分と物価スライド分を除いた部分を代行給付いたします。この代行給付する年金に、各基金ごとに定められた独自のプラス・アルファを加えた年金を支給することを条件とし、企業や業界が母体となって厚生労働大臣の認可を受けて設立された企業年金制度が厚生年金基金です。
したがって、厚生年金基金の加入員は、国と基金の両方から老齢給付を受けられることになります。

本文ここまで本文の先頭へ メニューへ